転職エージェントを活用する流れとコツ

転職エージェントを活用する流れとコツ

転職エージェントを有効活用するために、利用の流れと使い方のコツを紹介します。信頼関係を築きながら、希望を叶えるために必要なステップを踏んでいきましょう。

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

登録から応募までの流れ

まず、転職エージェントに登録した後はカウンセリングを行います。基本的には、都合の良い日を決めて直接担当者と転職に関するカウンセリングを行いますが、都合がつかない場合は電話でのカウンセリングも可能です。このカウンセリングによって自分の強みや長所を発見するだけではなく、改善点などもアドバイスしてもらうことができます。そして、これまでの経歴やスキルといったキャリアの棚卸を行い、自己PRのポイントを整理しつつ、転職先に求める条件を明確にしていきます。転職エージェントの担当者は企業の採用担当者ではありませんので、転職に関する悩みがあれば正直に相談しましょう。また、譲れない条件はこの時点ではっきり伝えておくことです。
このカウンセリングが終わり次第、その結果をもとに担当者が求人を探してくれます。最短だと当日に紹介してくれることもあります。後日の場合は電話やメールで連絡が来ることになりますが、紹介された求人がもし気に入らなければその理由を伝え、改めて探してもらうようにしましょう。そうして応募したい求人が見つかった際には、担当者が応募を代行してくれます。その際に必要になる履歴書などの書類は、企業ごとに適したアドバイスをもらうことができます。転職エージェントと企業との関係性によっては、推薦状を用意してくれることもあります。
応募をして書類選考を通過したら次は面接です。面接に関しても対策サポートを受けることができますので、しっかりと準備をしたうえで臨むことができます。面接の日程調整についても転職エージェント側で代行してくれます。実際に面接が終わった後も、企業からのフィードバックを転職エージェント経由で教えてもらうことができますので、またその内容をもとに転職活動を進めていくことができます。

コツを掴んで有効活用

転職エージェントには様々な職種を取り扱っている「総合型」と、一定の職種に絞った求人を取り扱っている「特化型」があります。違う業界に挑戦したいのなら総合型、すでに希望する仕事が決まっているなら特化型を選ぶと良いでしょう。
何よりも大切なのは転職エージェントとの信頼関係です。これがうまく築けていないと、希望する条件を転職エージェント側がうまくくみ取れずに、自分に合う求人を紹介してもらうことができません。積極的に担当者とコミュニケーションを取り、正直に譲れないポイントや条件、または悩みや不安などを伝えていくことが重要です。

RANKING

NEWS