どのような仕組みなの?

どのような仕組みなの?

転職エージェントとは、求職者に対してスキルのヒアリングや希望条件の確認などといった面談を行ったうえで、その内容に適した求人を紹介してくれる人材紹介サービスのことです。企業側の求める人材像や思惑を把握しているので、転職活動をより有利に進めることができますし、ミスマッチのない最適な求人を紹介してもらうことができます。

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

双方の仲介を行う

企業側からしてもメリットが大きく、企業側から詳細な求人情報や求める人材像を得たうえで、その条件で求める人材が応募してきてくれるかどうかをコンサルティングしてくれます。どんなスキルを持った人材を必要としているのかを確認しながら、適した人材から応募があるようにサポートをしてくれるのです。コストはかかりますが、転職のプロを仲介することでミスマッチのない採用活動ができるため、効率良く人材を確保することができます。
このように求職者・企業側ともにメリットのあるサービスが、転職エージェントなのです。

求職者にとっての転職エージェント

転職エージェントに登録をしたら、まずは面談を行います。面談の中で希望条件や保有しているスキルの確認をし、転職の方向性を決めていきます。転職活動ではまず、キャリアの棚卸から始めることになります。今までの経験を改めて確認し、自身の強みはどこにあるのかをみつける必要があります。この作業をする際には、第三者目線から的確なアドバイスをしてもらえます。
転職エージェントには非公開求人と呼ばれる一般には公開されていない求人情報が存在します。条件の良い求人は一般公開してしまうと応募が殺到する恐れがあるので、企業側からの要望で求める人材に近い求職者にしか紹介してほしくないという事情があるのです。そのため自分だけでは見つけることのできない好条件の求人情報を得ることができます。
そして、履歴書や職務経歴書などの転職活動において必須となる書類作成のサポートや、面接のアドバイスも行ってくれます。企業側の情報も把握しているので、より採用に近づくための具体的なアドバイスを得ることができるでしょう。

企業側にとっての転職エージェント

企業側にとって最も避けたいのは、採用コストをかけても求める人材からの応募がない、あるいは入職してからイメージと違うという理由で早期退職されてしまうといったケースです。コストがかかるだけではなく、時間や手間も無駄にしてしまうため、採用に関してはより慎重に行っていく必要があります。そこで、企業側と求職者両方の希望を詳細に把握している転職エージェントを活用することで、ミスマッチを防ぐことが可能になります。事前に応募者の情報を細かく知ることができるため、具体的なイメージをもって採用活動を行うことができるのです。

RANKING

NEWS