転職サイトとの違いは?

転職サイトとの違いは?

転職サイトの場合、数ある求人情報の中から自分自身で条件に合う求人を探さなければなりません。その点、転職エージェントは担当者が付いてヒアリングを行ったうえで、自分に合う求人を探してくれます。登録することで専任の担当者が付いてくれるので、転職に関する様々な相談をすることができます。

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

マッチング率が違う

企業側にとっても、転職サイトにコストをかけて求人掲載をしても求める人材とは異なる人材からの応募ばかりだと意味がありません。間に転職エージェントが入ってくれることによって、希望する人材と出会える確率を大幅に上げることができるのです。また、入社が決定してから転職エージェントに対して成功報酬を支払う形になるので、転職サイトに求人掲載を続けることで無駄な掲載費を支払い続けるというケースを防げるのです。

パートナーの存在

転職を考えたときに、まずは転職サイトをのぞいてみるという人は多いかと思います。転職サイトは多くの求人情報を気軽に見ることができますし、自分のペースで情報収集や転職活動を進めることができます。これは転職サイトの大きなメリットと言えるでしょう。
では、それに比べて転職エージェントのメリットはどこにあるのかと言うと、やはり専任の担当者が付いてサポートをしてくれる点でしょう。心強いパートナーとして転職を成功に導くためのサポートを行ってくれます。希望を叶える転職をするためには、まずは自身の価値を知ることから始めなければなりません。自身の強みというのは自分自身だけでは把握しきれないものです。そこで、担当者からのアドバイスが非常に役立ちます。当人でさえも気づいていなかった価値を見つけ出すことで、より転職活動を成功に近づけることができます。これは、基本的に自分だけで転職活動を行う転職サイトにはないメリットです。

不安な部分を代行してくれる

転職サイトから求人へ応募する場合、面接の日程調整などは自分で行う必要があります。それだけではなく、条件交渉なども当然自分一人でしなければなりません。ですが、転職エージェントを利用した場合には担当者がその部分を代行してくれます。現職で働きながら転職活動をする人にとって、日程調整などの煩わしい作業を代行してもらえるというのは非常にありがたいポイントです。また、条件交渉についても、自分だけだとなかなかうまく伝えられなかったり、不採用になるのが心配で伝えるのをためらってしまいがちですが、担当者が事前にヒアリングした条件を企業側に伝えてくれるので、安心して面接に臨むことができます。

RANKING

NEWS